フランチャイズ 評判のTOPに戻る


フランチャイズ 開業資金 詐欺

フランチャイズの詐欺事例を紹介します。フランチャイズビジネスの問題点としては、本部とフランチャイズオーナーの間のコミュニケーション不足となっています。フランチャイズ店を増やしたいがために、FC事業に元々適性を要しない人にまで、FCの加盟を促すようなことをしてしまったりすることです。

事例としてはFC企業の本部である甲と加盟希望者である乙の間でフランチャイズ契約を結ぶも、甲は乙に対し、契約を締結したいがために、フランチャイズビジネスの詳細を説明せずに、加盟金100万円を含めて数百万円で事業ができるなどという加盟を促し、フランチャイズ締結契約書の中に細かい字で内装費なども含めて2000万円程度かかるということが明記してあったケースがあります。

「フランチャイズオーナーからそういう話は聞いていない・そんなお金は出せない」ということになっていましたが、実際には契約書に書いてあったので、契約自体は有効になり、乙は金銭の支払い義務とフランチャイズビジネスの履行義務が発生し、FCオーナーとしてビジネスをするしかなくなってしまいました。

失敗原因
FC事業というのは加盟金などの多額のお金がかかります。ノンブランドの企業であれば開業資金があまりかからないところもありますが、FCビジネスに参入するには多くのお金がかかります。FCの加入者を増やしたいがために、とりあえず頭数を増やして、FCが〇〇店あるという文句を作りたいのでしょうか。無知な相手につけこんでFC契約をしようとする本部のずるさもありますね。

こういうケースの場合は契約に関する大事な話は口頭で話しておくべきです。このような話をしない会社は詐欺といわれても仕方がないのかもしれません。本当に優良なフランチャイズビジネスをしているところは、開業資金を払えるかだけでなく、法人限定とか・過去の企業実績・サラリーマン時代の年収・家族構成なども調べてきます。

基準に満たないと思えば、容赦なくFC加入の審査を落とします。そのような企業こそが信頼を生みます。本当に優秀な方だけにのれんわけをする、満たないなという方には参加を促さず、無駄な資金を使わせないというところこそが良心的な会社ではないかと思っています。

ただFCビジネスをするということは人生を賭けることになりますので、契約も含めて本当にそのFCビジネスに参入していいのかは徹底してリサーチすることです。契約もそうですが、加盟金などの費用・立地・ライバル・将来性・本部の評判などを徹底して調べることです。「FCオーナーになれるんだ!」と思って、安易に契約に飛びつかないこと。

大体うまい話には裏があることが多いです。下げ目になってきたから直営ではなくFCにしている、知っている人には外れのビジネスと分かるんだけど、脱サラの素人ならこのビジネスにも食いついてくるのではないかという予測の元に、相手方は仕掛けてきます。そこに簡単に乗らないことです。リスクとリターンを知ったうえでビジネスを始めること、多額の金を要するFCビジネスであれば尚更です。

どの企業のフランチャイズを行うことで大事なことはとにかく『今の自分に適した・合った会社』を選ぶことです。

フランチャイズ起業をする上でもっとも大事なことは何でしょうか?

行う業種・職種にこだわりたい
初期費用をかけたくない
とにかくお金を稼ぎたい
研修が充実している
ロイヤリティなどの率が低い
企業名・ブランド名
上手くいかなかったときのダメージを小さく

これらの優先順位をしっかりとつけたうえでフランチャイズ起業に臨んで(企業選択も含めて)いただきたいです。

フランチャイズ起業のトラブルとしては大きく分けて次のようなものが考えられます。

研修などで聞いた時と全く事情が違う
初期資金などが膨大にかかりすぎる
自分が思ったより全然稼げない
研修・アフタフォローらしきものがほとんどない
名前があるのにお客さんが来ない
契約時と払うべきロイヤリティー率が全然違う
何千万も借金を負ってたたむしかなくなった
社員やバイトを雇っているが売り上げが落ちて金銭的に難しくなってきた


このようなリスクがあることを承知したうえで行っていただきたいです。

どの会社のフランチャイズを行うかで迷っている方に、まず公平中立な立場でフランチャイズの相談にのってくれる第三者の相談窓口があるので相談してみるのも良いでしょう。

公平中立な第三者機関」として、『全国職業相談センター』をご紹介します。

フランチャイズ起業を行いたい方への公平な第三者の相談窓口として、無料で相談を受けている機関です。

「友人や知人からこの会社がいいのではないか?ということを勧められたが、第三者の意見を聞きたい」
「やりたい企業はほぼ決めているが、本当にその会社が大丈夫なのかの意見を聞きたい」
「ブラックなフランチャイズだけは回避したい」
などの『フランチャイズ関連の相談のセカンドオピニオン』や、
「現在の仕事の状況」
「今の職場を・事業を辞めたいという相談」
「自分に合った企業の紹介」

などの相談も無料で受けています。

フランチャイズ起業を決定する前に、気軽に相談してみると良いでしょう。

『全国職業相談センター』へのお問い合わせはこちら
関連コンテンツ

店舗のフランチャイズ事業のトラブル事例

フランチャイズ事業のトラブルを紹介します。店舗ビジネスのフランチャイズビジネスのトラブルです。数字のマジックなどに注意をしていただきたいです。 これは店舗のフランチャイズの事例なのですが、FCの・・・