フランチャイズ 評判のTOPに戻る
「フランチャイズ 評判」トップ >  フランチャイズビジネスの詐欺事例 > 店舗のフランチャイズ事業のトラブル事例


店舗のフランチャイズ事業のトラブル事例

フランチャイズ事業のトラブルを紹介します。店舗ビジネスのフランチャイズビジネスのトラブルです。数字のマジックなどに注意をしていただきたいです。

これは店舗のフランチャイズの事例なのですが、FCの加盟店を増やしたいがために、店舗の客数・売上・利益の予想額などを水増しをし、フランチャイズオーナーになることができれば、年収〇〇〇万円、さらには雇われ店長やバイトに仕事を任せれば、オーナーは最初の立ち上げだけを行えば、基本的に現場にタッチしなくてもいいとの文句を言います。

ただ実際に営業をしてみると、客がなかなか来ない。フランチャイズオーナーは人を使うところか、夫婦・家族などで現場につきっきり。大半の店舗は赤字が続きます。よく調べてみるとそのような店舗に限っては、主要駅に近いところでも、人通りが多くないところ・通りはあってもなかなかそこの店舗には客が入らない・なかなか店が繁盛せず、店舗がコロコロ変わってしまう地域・通りがあるんです。

また首都圏郊外や地方などでは、最初は順調に売り上げがあったものの、近郊に大手のショッピングモールなどが立ち、多種のサービスに対応しているというところもあり、FC店の客と売り上げが激減し、店舗を維持できないなどの問題が出てきます。実際にそのような状況で店舗をたたんでしまうFC店が本当に多いんです。

そのような地域・地区でフランチャイズビジネスをやってしまうと本当に大変です。それでも実際はフランチャイズに加盟するという意識で契約したフランチャイズオーナー側の過失になってしまうのは仕方のないことなのですが、それだけの問題でしょうか。

本部とフランチャイズオーナーでは、当該事業に関するノウハウ・経験・人材も含めてすべてが異なります。実地調査もして、だいたいこの辺りに店を構えれば行ける可能性が高いということはある程度知っているはずです。それでも店を閉めざるを得なかったFCオーナーが多いんです。

契約自由・フランチャイズオーナーには断る権利もありますので、これでもフランチャイズビジネスの詐欺には該当しないのではないかという考えが通例といえますが、本当にそうなのでしょうか。

本部側は加盟金欲しさに、知識の少ない脱サラのフランチャイズビジネス希望者に、ほとんど都合のいいことを言って、フランチャイズオーナーからの加盟金やロイヤリティを取ることが目的で、ビジネスを紹介した。ただ本当は勝算があまりないことを知った上で契約をしたなどの事例も実際には多くあるということなんです。

本部側は徹底して白を切り、これは自己責任という言いかたをします。規約で一切加盟金の返還をしないなどの条項にサインをさせますので、実際にFCオーナーの都合で辞めてしまうと、加盟金の戻らない可能性が高いです。ほとんどは戻らないでしょう。

とにかくそうならない方にするためには、まず本当にそのフランチャイズビジネスが成り立っているかの調査をすることです。

実際にその店のフランチャイズオーナーのところに行ってお話をすることもありと考えています。あとは本部と1:1での話しでまとめないこと、できればフランチャイズに精通している第三者を交えて交渉をすることをオススメします。

フランチャイズビジネスの本部の中には、数字を上げたいという目的の元、フランチャイズオーナーに加盟を求める場合もあります。本部も儲けたいという気持ちがありますので、加盟を強く促すこともあります。フランチャイズ加盟には大きなリスクもありますので、加盟には本当に慎重になっていただきたいです。

どの企業のフランチャイズを行うことで大事なことはとにかく『今の自分に適した・合った会社』を選ぶことです。

フランチャイズ起業をする上でもっとも大事なことは何でしょうか?

行う業種・職種にこだわりたい
初期費用をかけたくない
とにかくお金を稼ぎたい
研修が充実している
ロイヤリティなどの率が低い
企業名・ブランド名
上手くいかなかったときのダメージを小さく

これらの優先順位をしっかりとつけたうえでフランチャイズ起業に臨んで(企業選択も含めて)いただきたいです。

フランチャイズ起業のトラブルとしては大きく分けて次のようなものが考えられます。

研修などで聞いた時と全く事情が違う
初期資金などが膨大にかかりすぎる
自分が思ったより全然稼げない
研修・アフタフォローらしきものがほとんどない
名前があるのにお客さんが来ない
契約時と払うべきロイヤリティー率が全然違う
何千万も借金を負ってたたむしかなくなった
社員やバイトを雇っているが売り上げが落ちて金銭的に難しくなってきた


このようなリスクがあることを承知したうえで行っていただきたいです。

どの会社のフランチャイズを行うかで迷っている方に、まず公平中立な立場でフランチャイズの相談にのってくれる第三者の相談窓口があるので相談してみるのも良いでしょう。

公平中立な第三者機関」として、『全国職業相談センター』をご紹介します。

フランチャイズ起業を行いたい方への公平な第三者の相談窓口として、無料で相談を受けている機関です。

「友人や知人からこの会社がいいのではないか?ということを勧められたが、第三者の意見を聞きたい」
「やりたい企業はほぼ決めているが、本当にその会社が大丈夫なのかの意見を聞きたい」
「ブラックなフランチャイズだけは回避したい」
などの『フランチャイズ関連の相談のセカンドオピニオン』や、
「現在の仕事の状況」
「今の職場を・事業を辞めたいという相談」
「自分に合った企業の紹介」

などの相談も無料で受けています。

フランチャイズ起業を決定する前に、気軽に相談してみると良いでしょう。

『全国職業相談センター』へのお問い合わせはこちら
関連コンテンツ

フランチャイズ 開業資金 詐欺

フランチャイズの詐欺事例を紹介します。フランチャイズビジネスの問題点としては、本部とフランチャイズオーナーの間のコミュニケーション不足となっています。フランチャイズ店を増やしたいがために、FC事業に元・・・